お茶の種類とダイエット効果

緑茶の4つのダイエット効果と効能ー脂肪の吸収を抑えて燃焼させる!

投稿日:2016年10月5日 更新日:

緑茶のダイエット効果と効能

ryokucha1

私たち日本人にとって、「お茶」と聞いて真っ先に思いつくのはやっぱり「緑茶」ですよね。食事を頂いたあとに、熱い緑茶を飲んでホッと一息。

身も心もリラックスするひと時です。しかし緑茶にはそんなリラックス効果だけでなく、なんとダイエットにも効果があるらしいのです!緑茶を飲むだけでスリムな体を手に入れられるなんて、こんなに簡単で嬉しいことはないですよね。

今回はこの緑茶の効能と、どのように飲めばダイエットに効果があるのかをご紹介したいと思います。

緑茶の種類

ryokucha2

緑茶とは一般的に「日本茶」全般のことを指します。日本茶とは茶葉を摘み取った直後に発酵を止める「不発酵茶」を指します。ちなみに「半発酵茶」がウーロン茶、「完全発酵茶」が紅茶となります。緑茶の種類は大きく分けて5つあります。

①煎茶(せんちゃ)

ふだん最も飲まれている緑茶です。新芽が出てから摘み取りまで、ずっと日光に当てて育てます。

②玉露(ぎょくろ)

緑茶の中でも最高級にランク付けされる茶葉です。煎茶と違い、栽培時に日光を遮って育てます。新芽が出た頃から覆いをかぶせて、肥料もふんだんに与えて手間ひまをかけて作られています。

③かぶせ茶

玉露ほど遮光率は高くありませんが、日光に当てずに育てます。渋みが少なく、まろやかな味わいが特徴です。

④玉緑茶(たまりょくちゃ)

煎茶と製造工程は変わりませんが、精揉と呼ばれる茶葉をまっすぐにする工程を省いているため、茶葉が丸い形状をしています。代表的なものに佐賀の嬉野茶があります。

⑤番茶(ばんちゃ)

主流から外れた番外茶という意味から「番茶」と呼ばれます。

緑茶に含まれる主な成分と効果

ryokucha3

緑茶の主な成分は「カテキン」「カフェイン」「アミノ酸」「ビタミン」などがあります。

①カテキン

緑茶の代表的な成分です。ポリフェノールの一種で、さまざまな体にいい効果があります。主なものに

1「血中コレステロール値を下げる」
2「脂肪の吸収を緩やかにして、分解しやすくする」
3「活性酸素を抑えて老化を防止する」
4「風邪やインフルエンザ予防」
5「がん予防」

などがあります。

②カフェイン

カフェインは若い茶葉に多く含まれ、覚醒作用、利尿作用、運動能力の向上などの効果があります。

③アミノ酸

お茶に含まれるアミノ酸の主な成分は「テアミン」と呼ばれるうまみ成分です。テアミンはお茶の味を高めるだけでなく、カフェインに含まれる興奮作用を抑える働きがあります。同時に脳の神経細胞を保護する働きがあるので、気分をリラックスさせます。

④ビタミン

緑茶はお茶の中で最もビタミンが豊富です。特にビタミンCの含有量が高く、抗酸化作用が高く、がんや生活習慣病の予防に効果があると言われています。ウーロン茶や紅茶などにはビタミンはほとんど含まれないそうですよ。

⑤その他の成分

その他にも、内臓機能促進効果のあるサポニンや、フッ素、香り成分など、さまざまな成分が含まれています。

緑茶のダイエット効果

ryokucha4

①脂肪を分解しやすく、太りにくい体に

カテキンには、脂肪の吸収を抑え、分解しやすくする効果があると言われています。例えば脂肪たっぷりのお肉を食べたとしても、緑茶を一緒に飲めば余分な脂肪をカットしてくれます。

伊藤園の中央研究所の調査によると、太り気味の人が朝と夜の一日2回、約200㎖の緑茶を3か月間飲んだところ、緑茶でない飲料を同じ条件で飲んだ人に比べて約1キロの体重の差が見られたとのことです。

②利尿作用で、体の老廃物を排出

カフェインに含まれる利尿作用で、体内の毒素や老廃物が尿とともに体外へ排出しやすくなります。老廃物が排出されると体のむくみが解消され、スッキリとした体型になれます。

③ジュース代わりに飲んでラクラクカロリーダウン

緑茶はカロリーゼロなので、いつも飲んでいるジュースを緑茶に置き換えれば、それだけで摂取カロリーを100~200キロカロリーを減らすことが出来ます。水と違って香りも高く、味もまろやかなので、ジュース代わりにしても十分満足できますよ。

④運動前に飲めば、脂肪が燃焼しやすくダイエット効果もアップ

人間の体は、運動を始めて30分ほどはグリコーゲンという糖の一種がエネルギー源として使われます。しかし運動前に緑茶を飲めば、カフェインの働きでグリコーゲンよりも脂肪が優先的に燃えやすくなり、痩せやすい体になります。

緑茶を飲むときの注意点

ryokucha5

緑茶は健康にもダイエットにもいいことばかりですが、飲み方には注意しなくてはなりません。

①就寝前は避ける

緑茶にはカフェインが含まれていますので、寝る前に飲むと興奮作用で眠れなくなる場合があります。

②長時間放置した緑茶は飲まない

緑茶にふくまれるタンニンは長時間放置されると酸化して、消化不良を起こす可能性がありますので注意しましょう。

緑茶の有名な商品

ryokucha6

①こいまろ茶

(30g/1,050円 急須と茶さじ付)

かわいいパッケージが特徴の通販で人気の「こいまろ茶」。深蒸し煎茶と若蒸し煎茶と玉露の3つの茶葉をブレンドして作られているので、濃くてまろやかな味が大好評を博しています。

②さつまの風

(100g/540円)
全国2位の生産量を誇る鹿児島県で生まれた「さつまの風」は、日光を遮って育てる被覆栽培で深くまろやかな味を実現。安さも人気の秘密です。

③深蒸し掛川茶

(100g/540円)
お茶どころ静岡で生まれた「深蒸し掛川茶」。深蒸しならではの美しく深い色合いとコクが特徴です。

緑茶の4つのダイエット効果と効能ー脂肪の吸収を抑えて燃焼させる!まとめ

ryokucha7

いかがでしたか?緑茶の成分や効能は脂肪の燃焼を促進したり、利尿作用を高めたりなど、ダイエットに最適であることがわかりました。

ボリュームのある食事と一緒に飲んだり、運動前に飲んだりすることで、効率的に脂肪を燃焼することが出来るなんて本当に驚きです。これからは積極的に緑茶を飲んで、太りにくい体を作っていきたいですね。



diet-ocha-ranking

-お茶の種類とダイエット効果

Copyright© ダイエットとお茶-驚きの効果と口コミ人気ランキング【決定版】 , 2017 AllRights Reserved.