お茶の種類とダイエット効果

紅茶の4つのダイエット効果と効能-世界的に有名なお茶で美味しく痩せる♪

投稿日:2016年10月1日 更新日:

紅茶はおいしくけどダイエット成分もいっぱい♪

koucha1

仕事や家事が一段落した午後のひととき、素敵なカップに紅茶を注いで、おいしいスイーツと一緒に頂く…毎日を忙しく働く女性たちにとっての安らぎのティータイムですよね。

しかも紅茶はイギリス発祥の伝統的な飲み物。飲むだけでもう優雅な気分になれますよね。「紅茶」にはそんなプチ贅沢感だけでなく、女性にとって最もうれしい「ダイエット効果」も備わっているってご存知でしたか?

レモンティーやミルクティーを日常的に飲んでいる方も多いのではないでしょうか。おいしくて、オシャレで、しかもダイエットにも効くなんて、なんて優秀な飲み物なんでしょう!今回はこの紅茶の効能と、そのダイエット効果についてご紹介したいと思います。

紅茶の種類

koucha2

紅茶とはツバキ科ツバキ属の「チャノキ」の茶葉を乾燥、発酵加工させた茶葉のことです。実は緑茶やウーロン茶も同じ茶葉からできていますが、それらの茶葉とはその製造方法に違いがあります。

紅茶は摘み取った茶葉を完全に発酵させる「完全発酵茶」ですが、緑茶は摘み取った直後に発酵を止める「不発酵茶」であり、ウーロン茶は半分発酵させる「半発酵茶」です。

ですから同じ茶葉から製造されているにもかかわらず、あれほど色や味が異なるのです。紅茶には地域によって数多くの種類がありますが、今回はみなさんにおなじみの種類を中心にご紹介しましょう。

①ダージリン

非常に香りが高く、繊細な味わいの紅茶です。ストレートにおすすめ。

②アッサム

甘味があり、濃い味わいを楽しめます。ミルクティーに向いています。

③アールグレイ

ベルガモットで柑橘系の香りをつけた紅茶です。アイスティーとして頂くととても風味が良いです。

④セイロン(スリランカ)

世界の紅茶生産量の10%を誇るスリランカ産の紅茶全般を指します。ウバ、ディングラ、キャンディといった種類があり、ほのかな柑橘系の香りが楽しめます。

⑤キームン

中国産の紅茶です。味はとても上品でマイルドです。

紅茶に含まれる主な成分と効果

koucha3

紅茶の主な成分は「カテキン」「テアフラビンとテアルジン」「カフェイン」「アミノ酸」「無機成分」などがあります。

①カテキン

ポリフェノールの一種で、主成分は「渋み」です。このカテキンによって紅茶独特の渋みと風味を作り出しています。また紅茶の美しい赤色、いわゆる「紅茶色」は、カテキンが酸化酵素によって酸化された色です。

カテキンは動脈硬化の予防をはじめ、血中コレステロール値を減少させたり、がん細胞の増殖を抑えたりします。また過酸化物質の生成をおさえるので、アンチエイジング効果も期待できます。その他風邪予防や下痢止めにも効果があると言われています。

②テアフラビンとテアルジン

カテキンと同じポリフェノールの一種です。紅茶の鮮紅色はこれらの成分の働きによるものです。

③カフェイン

カフェインは紅茶に2.5~5.0%ほど含まれおり、マイルドな苦みで紅茶独特の風味を作り出しています。発汗作用、利尿作用、運動能力の向上などの効果があります。また筋肉収縮の働きを高め、体内の血液循環や新陳代謝を活発にする働きがあります。

④アミノ酸

アミノ酸に含まれる「テアミン」と呼ばれる成分が、紅茶の甘味とうまみを引き立てます。また鎮静作用がありますので、気分を落ち着かせる効果があります。

⑤無機成分

カリウムとリン酸が主成分です。また私たちの体に不可欠な微量元素であるマンガン、ヨウ素、フッ素、銅、亜鉛、ニッケルなども含まれています。

紅茶のダイエット効果

koucha4

①体重が減る

紅茶に含まれるカフェインには利尿作用がありますので、体の余分な水分を排出し、その分体重が落ちやすくなります。

カフェイン含有量も150mlあたり30mgで、ウーロン茶(150mlあたり20mg)や緑茶(150mlあたり20mg)と比べても高く、他のお茶と比べてもその利尿効果は高いと言えます。

②便秘解消

さきほど説明した利尿作用の他にも、カフェインには体内の新陳代謝を活発にする働きがありますので、便秘解消にも効果的です。たまった宿便もこれで解消できるかもしれません。

③体を温め、脂肪を燃えやすくする

食べ物や飲料には「陽」の食べ物と「陰」の食べ物があります。「陽」の食べ物は体を陽性化し、温める効果があり、「陰」の食べ物は体を陰性化し、冷やす効果があると言われています。

紅茶は「陽」の食べ物と分類され、体を温め活性化し、その結果脂肪が燃焼しやすくなります。反対に緑茶やコーヒーは「陰」の食べ物で、飲み過ぎると体を冷やし、冷え性を招きます。

④食事やおやつと一緒に飲めば、脂肪の吸収を抑えられる

紅茶に含まれる「紅茶ポリフェノール」の働きにより、食事やおやつの脂肪分の吸収を抑え、同時に余分なカロリー摂取も抑えられます。普段の食事の内容を変えることなく行えますので、体への負担やストレスも少なく、健康的にダイエットが行えます。

紅茶を飲むときの注意点

koucha5

①飲み過ぎると下痢や便秘を引き起こす

紅茶に含まれるカフェインを摂取し過ぎると、さまざまな体への弊害を引き起こします。例えば体内の水分の再吸収が抑制された場合は下痢に、逆に利尿作用が働き過ぎると脱水症状を起こし便秘になります。

②飲み過ぎると貧血になる

紅茶に含まれるタンニンは渋み成分であり、大量に摂取すると鉄分と結合して「タンニン鉄」になります。それにより鉄の吸収が阻害され、貧血になりやすくなります。

紅茶の有名な商品

koucha6

①フォートナム&メイソン ロイヤルブレンド リーフ

(1缶250g/3,180円)

質の高い商品で有名なロンドンを拠点とする老舗百貨店フォートナム&メイソンのロイヤルブレンドリーフです。アッサムにセイロンを加えた、口当たりのよいブレンドティーです。

②フォション アップルティー

(100g/1,750円)

フランス・パリの高級フードブティック「フォション」のアップルティーは、セイロン茶葉にアップルの香りを配合した人気商品です。

③ハロッズ ブレンド№14

(125g/1890円、350g/3675円)

イギリスの代表的高級百貨店「ハロッズ」のブレンド№14は、イギリス紅茶好きなら知らない人はいないほど有名で人気のある紅茶です。味わいにコクがあり、ミルクティーにおススメです。

紅茶のダイエット効果と効能まとめ

koucha7

いかがでしたか?紅茶の成分に含まれるカフェインやポリフェノールが、体を温め、脂肪を燃えやすくなることがわかりました。また食事と一緒に取ることで無理のないダイエットを続けられるということもわかりました。

せっかく痩せてもすぐリバウンドをしてしまうようなダイエットは意味がありません。健康的に、しかも風味や香りを楽しみながらオシャレにダイエットができる紅茶を、あなたも今日から飲み始めてみませんか?



diet-ocha-ranking

-お茶の種類とダイエット効果

Copyright© ダイエットとお茶-驚きの効果と口コミ人気ランキング【決定版】 , 2017 AllRights Reserved.