お茶ダイエットお役立ち情報

お茶ダイエットを始める前に知っておきたい2つの副作用とデメリット

投稿日:2016年9月30日 更新日:

お茶ダイエットをする時に気をつけたい副作用とデメリット

hukusayou1

お茶ダイエットは、今とてもダイエットの中でも流行している方法になります。お茶ダイエットの方法も運動中心のものとダイエット茶中心のものがあります。

ダイエット茶の効果も個人差がありますが、副作用についても個人差があります。

そして、お茶ダイエットの気を付けたい副作用は、少し飲んだだけでは出るものではありません。

効果と同じように継続して飲む事により副作用も積み重なって出ます。

そんなお茶ダイエットの気を付けたい副作用について今回はご紹介したいと思います。

お茶ダイエットの副作用その1-成分が強いので下痢には注意!

hukusayou2

ダイエット茶の多くの副作用は、成分上から見てみても下痢が多いと言えます。

ダイエット茶の成分の中に下剤効果を促す成分などが含まれている場合、副作用は下痢が多いと思われます。

ダイエットを健康に行うはずのお茶ダイエットが下痢で悩まされてしまうようでは、逆効果になってしまいます。

多く摂取しすぎることによって起こってしまう下痢ですが、どんな成分が副作用を起こしているのでしょう。

その成分は、センノシドと言う成分などが副作用の原因と言えるでしょう。

お通じを常によくするタイプのダイエット茶はよく調べた上での使用をオススメします。特に胃腸の弱い方などは、気をつけましょう。

自分の体調は自分しかわからないものです。酷使して身体を壊す必要はありません。

お茶ダイエットの副作用その2-内臓への負担にも注意が必要!

hukusayou3

お茶ダイエットは、下痢の副作用が多いとご説明いたしましたが、まだ他にも実は副作用が存在してしまいます。

それはダイエット茶を飲むことによって、腎臓や肝臓、胃などに大きな負担を体質によりかけてしまう、可能性がごくわずかですがあるということです。

脂肪吸収ブロックする成分などは、胃の必要な脂分などもとってしまう可能性があり、胃を悪くする可能性もありますので、注意して飲むようにしましょう。

通院中の方や、薬を飲まれている方などは、主治医に相談してからダイエット茶を飲むことをオススメします。

その副作用が万が一起きてしまったらどうしたら良いのかという部分をご紹介したいと思います。

副作用が起きてしまったら

万が一ダイエット茶を飲んでダイエットをしている時に副作用が起きてしまったら、、慌ててしまうと思います。

そんな時は、まず落ち着いて、対処するようにしましょう。

ダイエット茶による副作用は、腹痛による下痢が多いですから、飲んでいるダイエット茶の飲用をしばらくの間控えるようにしてください。

ダイエット茶をそれでも飲み続けてしまうと、下痢が止まらなくなってしまいます。下痢が止まるようになってから、自分の体に合わせて、少しづつ再開する方が良いでしょう。

また、副作用を起こしてしまった、ダイエット茶の飲用を完全に避け、違うダイエット茶を探すのも一つの手だと思います。

また、効果の違うお茶ダイエットを行うのも良い方法だと思います。

そんな副作用を起こさないためにも飲み方を考えましょう。

次は、副作用の起きにくい飲み方をご紹介していきます。

副作用が起きにくいお茶ダイエットの方法

hukusayou4

ダイエット茶を飲む時に全般的に言えることですが、飲み方を気をつけることによって、副作用が起きにくくなります。
その方法とは、

・温めて飲む
・薄くして飲む
などの方法があります。
・温めて飲む

この方法は、飲み物全般に言えることですが、お腹を冷やさないと言うことにつながります。

冷たいものよりも暖かい優しい飲み物を飲みましょう。暖かい飲み物は、体がびっくりしないので、その分リスク軽減になります。逆に冷たい飲み物はリスクが高い飲み物という事が言えます。

・薄くして飲む

この方法は、基準的な濃さでは、胃腸が弱い方など副作用が起きてしまう可能性がありますので、薄くして飲んでいくことをオススメします。

薄い状態で効果が出てきたら、少しづつ濃くして基準にまで上げれば良いと思います。

薄めの状態で慣れることをオススメします。

この二つの飲み方を合わせる事によって、より副作用を発生するのを抑える事ができます。暖かく薄めから、ダイエット茶を始めましょう。

お茶ダイエットを始める前に知っておきたい2つの副作用とデメリットまとめ

hukusayou5

お茶ダイエットをする時に気を付けたい副作用についてご紹介してきました。

副作用の多くは下痢によるものが多いということがわかりました。

下痢の腹痛はとても気持ちの悪いもので、できることならば避けたいものです。

そのためには飲み方に気をつけるということも分かったと思います。

温めてお腹わいたわる事。また、薄めた上で、ダイエット茶を飲むという事。

副作用は蓄積によって起こるものが多いという事も分かったと思います。
十分注意して飲みましょう。

この記事がお茶ダイエットをする時に気を付けたい副作用の事を調べている方の参考になれば良いと思います。



diet-ocha-ranking

-お茶ダイエットお役立ち情報

Copyright© ダイエットとお茶-驚きの効果と口コミ人気ランキング【決定版】 , 2017 AllRights Reserved.